土曜サイクリング 銚子・犬吠埼おさかなツーリング 2013.12.22

今年も残りあとわずかとなった12月22日。3連休の中日に銚子・犬吠埼方面へのツーリングを企画しました。

当初の計画では、西伊豆方面のヒルクライムを考えていましたが、路面凍結の危険性を考えて犬吠埼へのツーリングに変更した次第です。CBCCの仲間3名が参加しました。

銚子方面には犬吠埼のほか「東洋のドーバー」と言われている屏風ヶ浦の絶景や「日本の夕陽百選」にも選ばれている刑部岬などもあり、見どころには欠きません。 ついでに、銚子漁港で開催されているマグロ祭りの様子も見学します。

走行コースは、シンプルに東金街道(国道126号)を東金まで走り、そこからは県道124号を使い九十九里の蓮沼海岸を目指して進みました。 海岸に出たら、県道30号と「太平洋岸自転車道」と呼ばれるサイクリングロードを交互に走りながら犬吠埼をめざします。

千葉から蓮沼海岸までのコースは、中房総や南房総のコースに比べると高低差の変化にとぼしく、走っていても楽しさが感じられないのはちょっと残念です。また、道幅もあまり広くないし、車の通行にも神経を遣います。

それでも、季節風の追い風が背中を押してくれたおかげで、予定よりも早めに太平洋岸に到着したので良しとしましょう。 ところが自転車道路に入ってびっくり!
高い波が岸に打ち寄せられ、海の荒れていることといったらものすごい迫力に圧倒されます。

その後は波に洗われた自転車道路(CR)を北上しました。
CR内にはところどころ砂溜まりや海水溜まりがあり、その都度慎重に通過しますが、おおむね快適に走ることができました。 ただし、帰宅後入念に洗車しないとチェーンやアルミ素材に錆が出るかも知れません。

やがて東日本大震災時に津波の被害を受けた地域を通過します。立派な供養塔ができていました。(心の中で合掌)

飯岡市街手前のコンビニで休息の後は飯岡灯台(刑部岬)を目指しました。
飯岡灯台への分岐からはちょっとした短い区間ですが12~13%程度のヒルクライムが楽しめます。この坂を駆け上がるからこそ刑部岬からの絶景が堪能できるのでがんばります。

そして、たどり着いた展望台から眺める景色は一見の価値大です。
今日は風が強く、うっすらとでしたが真っ白な富士山を眺めることができました。
ここは「日本の夕陽百選」にも選ばれた地です。一度は黒い富士と真っ赤に染まった夕陽の光景を見てみたいものです。

次の目的地は、屏風ヶ浦の絶景探訪です。
同行の二人ともまだ見たことがないというので、ぜひとも見せてあげたかった。

国道126号に戻り、屏風ヶ浦をめざしました。
このあたりは一年中風が強いので、風力発電が盛んです。走る先々で巨大な風車に出会いました。

国道から右に分かれて、かつて有料道路だった「銚子ドーバーライン」に入り程なくで岩壁の隙間に下りるコンクリート道が続いているのが見えます。 原則として通行止めなので、自転車を下りてガードレールの隙間からおじゃましました。(笑) いわば自己責任の世界なんでしょうね。

20パーセントを超える急坂を自転車で下り、振り返ってみれば・・・
おおー!まさに「東洋のドーバー」です。
延々10kmにわたって続く絶壁の連なりはここに立った者でなければ味わうことができません。
今回初見参の二人を案内出来てよかったです。

このあと外川(とがわ)の漁港に立ち寄りながら犬吠埼をめざしました。
外川の漁港には「犬若食堂」と「いたこ丸」という評判の食堂が2軒ありますが今回はパスします。

長崎鼻を回り込み、白い灯台が視界に入ってきたら犬吠埼はすぐでした。が、ここは入場料をとるので外から眺めておしまい。 君ヶ浜の海岸線を楽しみながら思いっきり向かい風の中を空きっ腹を抱えながらがんばります。 銚子漁港の看板を右折ししばらくで「マグロ祭り」で賑わうウォッセ21に到着!

市場に並ぶお店を冷やかしながら、ふと立ち止まると「マグロ1本1,500円」の看板が。 聞けば1,300円で良いと言います。
あのボリュームのマグロの半身が1,300円?「やすっ!」
銚子の海産物は本当に安いです。各々、生マグロや干物を購入しました。

さあ、次こそ昼飯だー!
昼食場所は、職場の同僚から勧められた「鈴女(すずめ)」さん。地元でも有名なお店らしいです。
勇躍到着して、さっそく扉を開けたらそこには先着のお客さん達が列をなしてお出迎え。
あちゃー。腹減ってるのにまいったなあ。

それでも30分ほど待たされてようやく席につきました。
地元出身の同僚が勧めるだけあって、質量ともに大満足でしたよ。
3人ともに思い思いの料理を注文しましたが、刺身の切り身の厚さは食べ応え十分でした。また、車海老の天丼を頼んだメンバーによれば海老がずしりと重くてたいへんだったとか。うらやましいけど、還暦過ぎの私にはちょっと無理だなあ。 ここで文字通りの満腹状態になりました。

しかし、ここで終わらないのがCBCC男子メンバーの真骨頂です。
食後のデザートと称して、1kmほど離れた今川焼の老舗に向かいます。
「さのや」さんは、創業明治40年で地元では知らない人がいないという名店だそうです。

わかりづらい場所にありましたがようやく見つけて店内に入ると・・・
またびっくり!
次々と現れるお客さんもさることながら、店内で今川焼を頬張るお客さんで大盛況でした。
だって、メニューと言えば黒あんと白あんの今川焼だけですよ。

3人で4個注文しましたが、およそ10分待たされました。他のお客さんは10個単位で注文してました。恐れ入りましたー。
銚子駅に着き、車中の人に納まってから包みを開けてまたびっくり!
甘みを抑えたものの、あんのボリュームに唖然としました。

結局、せっかく110km走った分の消費カロリーも銚子市内の2件のお店でチャラになってしまいました。(笑) 迫力ある海岸線といい、豊かな食といい、銚子にはまた行きたいですね。


DATA
----------------------------
実施日:2013.12.22
参加者数:3名
天気:晴れ
気温:8℃
距離:112.58 km
平均スピード:13.5 km/h
平均移動速度:24.0 km/h
高度上昇値:519 m